中国の新型肺炎 国内への感染拡大を防ぎたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が、拡大している。感染予防対策を早急に講じる必要がある。

 新型肺炎が最初に確認されたのは、中国中部の湖北省武漢市だ。発生源は、市内の市場で扱っていた野生動物だと推測されている。

 感染者は増加し、北京市や上海市、広東省でも見つかった。武漢市では死者が出ているほか、重症、危篤者も多い。「人から人への感染」も確認された。

 コロナウイルスは、風邪や肺炎を引き起こす病原体だ。2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)もコロナウイルスが原因だった。今回のウイルスは、SARSよりも重症度は低いとみられるが、警戒は怠れない。

 中国以外にも日本、韓国、タイで感染者が確認されている。世界保健機関(WHO)は、22日に緊急委員会を招集する。

 中国はかつて、SARSの被害状況に関する情報の公表が遅れ、国際的な批判を浴びた。今回は、迅速かつ正確な情報開示に努めるべきだ。各国の関係機関は連携して、感染の経路や仕組みを分析し、対策に生かさねばならない。

 中国では25日の春節(旧正月)を前に、24日から大型連休に入る。日本にも多くの中国人観光客が訪れることが予想される。

 空港や港などで、入国時に感染者をチェックする水際対策の徹底が欠かせない。

 体温を検知する装置で発熱している人を見つける。体調のすぐれない人には検疫所に申し出てもらう。感染地域からの渡航者は特に健康状態を確認したい。

 ただ、水際対策には限界がある。日本で初めて新型肺炎と確認された男性は、中国から入国する際に解熱剤を飲んでいたため、空港では検知できなかった。

 入国後にせきや発熱の症状が見られる観光客には、速やかな医療機関の受診を促すよう、宿泊施設などに周知することが重要だ。

 一人ひとりが感染から身を守る取り組みも大切になる。小まめな手洗いは、手についたウイルスが体内に入り込むのを防ぐ。アルコール消毒も有効である。

 せきやくしゃみが出る時は、マスクを着用して感染を広げないことも最低限のマナーだろう。

 今回の新型肺炎のウイルスについては、「インフルエンザほどの感染力はない」というのが多くの専門家の見方だ。

 過度に怖がることなく、日々の衛生管理を心がけたい。

無断転載禁止
1012357 0 社説 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ