読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

チバニアン 地球史に刻まれる研究の成果

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 46億年に及ぶ地球の歴史に、日本の地名が初めて刻まれる。今後の地質学の発展につながることを期待したい。

 国際的な学術組織「国際地質科学連合」が、77万4000~12万9000年前の地質時代を「チバニアン」と命名することを決めた。千葉県市原市の地層に、この時代の特徴が明確に表れている点が評価された。

 チバニアンは、ラテン語で「千葉の時代」を意味する。今回の命名は、日本の科学界にとって明るいニュースだろう。

 自然科学の分野で国際的に認められた日本名としては、理化学研究所が発見した113番目の新元素「ニホニウム」に続くものと言える。今後は、理科や地学の教科書にもチバニアンに関する記述が登場するに違いない。

 地質学は地層や化石を地道に調べることで、地球のなりたちや生物の進化の歴史を解き明かすロマンに満ちている。

 今回の命名が、これまで地味な存在だった地質学に脚光をあて、子供たちの興味をかきたてるきっかけになるといい。

 長い地球の歴史は、生物の大量絶滅や大規模な気候変動などで区分され、それぞれの時代には名前がつけられる。チバニアンの時代は、マンモスなどの大型哺乳類や、ネアンデルタール人が生きていた時期にあたる。

 地質時代の名前は、欧州の地名に由来するものが多い。例えば、恐竜で有名な「ジュラ紀」はスイス・フランス国境の山脈名だ。欧州には古い地層が残っており、地質学が18世紀ごろから盛んになった歴史も背景にある。

 今回も、イタリアが自国の地層から命名するよう求め、日本と争った。決め手になったのは、日本の研究チームの粘り強い調査活動である。全国約20の研究機関から専門家が集まった。

 この時代は、地球のN極とS極が入れ替わる地磁気の逆転現象が最後に起きたのが特徴だった。研究チームは、地層に残る微生物の化石や鉱物の性質を詳しく調べ、逆転現象などを裏付けた。

 そもそも、この逆転現象は、1920年代に日本人の研究者が初めて提唱した。日本の科学研究の伝統と、現在の研究者たちの努力が実を結んだと評価できる。

 市原市の地層は川沿いの切り立った崖で、堆積たいせき物の模様を肉眼で見られる。チバニアン命名で、訪れる人も増えるだろう。地質学の面白さを実感できる場として活用することが求められる。

無断転載・複製を禁じます
1014698 0 社説 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)