新型肺炎 適切な診療で重症化を防げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型肺炎は国内での感染が本格化する恐れがある。医療機関の適切な受診を心がけたい。

 厚生労働省が、新型肺炎が疑われる際に医療機関を受診する目安を発表した。

 37・5度以上の熱が4日以上続いた時や、強いだるさや息苦しさがある場合、保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」への電話を勧めている。

 高齢者や持病のある人は、重症化する危険が高いので、4日を待たず、発熱が2日程度続いた段階での早めの相談を求めている。

 症状に応じた行動の手がかりを示した意義は大きい。

 相談センターは、患者から症状を聞き取り、治療を要する人には専門外来を紹介する。専門外来は一般には公表しない。

 2009年に新型インフルエンザが流行した際は、専門外来に多数の軽症者が殺到して、重症者の診察に支障が出た。相談センターを介した仕組みは、こうした混乱を避ける狙いがある。過去の教訓を踏まえた措置と言えよう。

 和歌山県の病院では医師や患者ら複数の人の感染が確認された。懸念されるのは、今後、新型肺炎の診療が進むにつれて院内感染が発生することである。

 患者が集まる病院はもともと感染拡大の舞台になりやすい。病院や福祉施設といった、体力の衰えている人がいる場所で感染が一気に広がれば、命を失う人が相次ぐ事態を招きかねない。

 医師や看護師が感染で欠勤すると、その地域の医療が立ち行かなくなってしまう。医療従事者には、手洗いや消毒など基本的な予防策の徹底が望まれる。

 現在は人から人への感染が始まった流行の初期段階とみられる。この時期に大切なのは、感染の機会を少しでも減らすことだ。

 宮内庁は、23日に皇居で予定していた天皇誕生日の一般参賀を中止する。3月に東京で開催される東京マラソンでも、一般ランナーの出場をとりやめる。感染拡大防止に一定の効果が期待される。

 企業も、社員の感染に備える必要がある。従業員20万人を抱えるNTTグループは、時差出勤や自宅からのテレワークを推奨する。職場によっては、テレビ会議などを活用し、働き方を工夫する余地があるのではないか。

 過剰な自粛は必要ないが、一人ひとりが無理のない範囲で、不要不急の集まりを延期したり、人混みを避けたりすることは有効だろう。社会全体で感染リスクを低下させる努力が求められよう。

無断転載禁止
1060048 0 社説 2020/02/19 05:00:00 2020/02/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ