揺らぐ国際機関 米中は自国の道具と考えるな

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米国と中国の激しい対立のあおりを受けて国際機関の機能が低下している。両大国が自国優先の姿勢を貫けば、さらなる弱体化は避けられない。憂慮すべき事態だ。

 多くの国が新型コロナウイルスの感染対策と経済の下支えに注力している。国家の役割はより大きくなり、国民の関心も政府の危機対応に集まる。国際協調の重要性は見過ごされがちだ。

 先に開かれた世界保健機関(WHO)総会では、感染症対策やワクチン開発での協力推進よりも、米中の非難合戦が目立った。WHOが国際政治の渦に巻き込まれていることの表れと言える。

 国連安全保障理事会も機能停止に等しい状態に陥った。

 グテレス国連事務総長は紛争地での感染拡大を懸念し、当事者に即時停戦を求めている。安保理は停戦呼びかけを支持する決議案の採択を目指すが、拒否権を持つ米中の対立で暗礁に乗り上げた。

 国連が2度の世界大戦による惨禍の反省から設立され、平和の維持と国際協調を支える存在であることを思い起こす必要がある。WHOも、感染症という人類全体の脅威に国家の枠組みを超えて対処する上で欠かせない組織だ。

 国連や専門機関には無論、中立の立場での運営が求められる。ただ、現実には、多額の資金を拠出し、政治的な影響力を持つ大国の意向に配慮せざるを得ない。

 だからこそ、大国には国際機関を有効に機能させる責任がある。米国も中国もその役割を認識せず、各機関を自国の利益のための道具としか考えていないことが現在の混迷の原因ではないか。

 トランプ米大統領は「多国間の枠組みは国益を損なう」と主張する。望む形で改革されないことを理由に、WHO脱退を表明した。国際機関に官僚主義や非効率性などの問題はあるが、存在意義まで否定するのは理解に苦しむ。

 懸念されるのは、米国が関与を弱める分、中国が発言力を増大させることだ。中国は130か国以上が参加する国連の途上国グループを率いる。「1国1票」が原則の国際機関で数の力は大きい。

 自由や人権、法の支配などの価値観を軽視する中国が国際社会の信頼を得られないことは、コロナへの対応で改めて明白になった。米国に代わり、世界のリーダー役を務めることはありえない。

 国際機関は当面、牽引けんいん役不在の不安定な状態が続こう。日本や英仏独などが結束し、空白を最大限埋めていくことが求められる。

無断転載禁止
1251016 0 社説 2020/05/31 05:00:00 2020/05/31 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ