先端都市構想 丁寧な説明で住民合意得よ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 個人情報の保護と活用を両立させ、先進的な都市作りを目指したい。

 人工知能(AI)やビッグデータを活用した最先端都市「スーパーシティ」構想を柱とする改正国家戦略特区法が成立した。政府が、希望する自治体を特区に指定し、2022年度からの実現を図る。

 特区では、官民が協力し、車の自動走行や遠隔医療、キャッシュレス決済などを実施する。

 自動走行は現在、交通の安全を妨げないことなど詳細な条件が定められている。感染症の拡大で認められた初診患者へのオンライン診療は、特例措置にすぎない。

 こうした規制を地域限定で包括的に緩和し、住民の利便性を高めるのが構想の狙いである。

 AIやビッグデータの活用は、今後の街作りに欠かせない。政府は特区で課題を明らかにし、全国での展開につなげるべきだ。

 規制緩和は、企業の生産性を向上させよう。政府は新規産業の創出を着実に後押しする必要がある。情報通信を駆使した都市が実現すれば、技術や知見を新興国に輸出することも視野に入ろう。

 高齢化や人口流出に悩む地方では、自動運行のバスなどを生活基盤の維持に役立てたい。

 特区では、住民や企業の情報を集約する「データ連携基盤」を設ける。基盤整備に関わる企業に、国や自治体が保有するデータを提供することを改正法で定めた。

 各家庭の生活必需品の購入頻度をAIが分析し、自動でドローンが配送する。街中にセンサーを設置し、犯罪防止につなげる。構想はこうした社会を念頭に置く。

 個人情報が不適切に取り扱われるのではないか、といった不安があるのも事実だろう。

 政府は国会審議で、企業に個人情報を提供する際には、本人の同意を得る必要がある、と説明した。安全な情報管理のルールをあらかじめ定めて、企業や自治体と共有することが求められる。

 構想には、工場の跡地などを整備して新たな街をつくる案と、既存の街に導入する案がある。

 新規に開発する地域ならば、希望者が集まることが想定される。まずはこうした地域で成功例を重ねる。その上で、既に住民が住んでいる区域に広げていくのが現実的ではないか。丁寧な説明で住民の同意を得ることが重要だ。

 新型コロナウイルス対策で、日本のデジタル化の遅れが改めて明らかになった。政府は企業にITへの投資を促すとともに、専門人材の育成を進めねばならない。

無断転載禁止
1252097 0 社説 2020/06/01 05:00:00 2020/06/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ