ミサイル防衛 高まる脅威に備え代替策急げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 費用対効果を重視し、防衛装備を見直すのはやむを得まい。ミサイルへの対処能力をどう強化するか、代替策の検討を急ぐ必要がある。

 防衛省が、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の導入手続きを停止すると発表した。事実上の計画断念だろう。

 イージスアショアは、北朝鮮の弾道ミサイルなどを迎撃するため、2025年度に秋田、山口両県に配備し、2基で全土をカバーする計画だ。多数のミサイルの同時攻撃に備える狙いである。

 河野防衛相は、山口県で迎撃ミサイルを発射する際、推進装置が自衛隊の演習場外に落下する恐れが排除できない、と説明した。安全性を担保するためのシステム改修には、数千億円がかかる。

 イージスアショアの経費は、本体2基とミサイルなどで約7000億円に上り、高額過ぎると批判を受けた。計画停止は、これ以上の支出は困難との判断からだ。

 両県では、配備への反発が強まっていた。防衛省が昨年行った調査で、地形の縮尺を誤るミスなどを繰り返したことが大きい。

 政府は、高性能レーダーの開発費などで、既に1700億円以上の予算を投じている。見通しが甘かったと言わざるを得ない。防衛省は猛省すべきだ。

 重要なのは、安全保障上の脅威に対して、説得力のある対処策を打ち出し、着実に能力を向上させていくことである。

 政府は、弾道ミサイル防衛のため、イージス艦を増強し、来年には8隻とする計画だ。日本海に常時配置し、即応できる態勢を整えることが欠かせない。

 米軍は、日本海にイージス艦を展開するほか、早期警戒衛星でミサイル発射を探知する任務を担っている。自衛隊と米軍の共同対処能力を高めたい。

 北朝鮮は、日本を射程に収める約1000発のミサイルを配備しているとされる。昨年は、変則的な軌道の新型ミサイルを発射した。中国は、人工知能を搭載した無人機や、音速の5倍以上で飛行する極超音速兵器を開発中だ。

 新型ミサイルの迎撃に向け、自衛隊は当面、既存の地対空誘導弾を改修して対処する。無人機はレーザーで無力化する方針だ。研究を重ねることが求められる。

 米政府を通じて最新鋭の装備を購入する対外有償軍事援助は、米国が価格決定の主導権を持っており、高額になりがちだ。政府は米国と粘り強く交渉し、調達費用の低減を目指さねばならない。

無断転載禁止
1281951 0 社説 2020/06/17 05:00:00 2020/06/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ