スマホ持ち込み 学校での管理方法を明確に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 学校へのスマートフォンの持ち込みに不安を感じている保護者や教員は多い。認めるなら、管理方法を明確にし、生徒への指導も徹底することが不可欠である。

 文部科学省が、スマホや携帯電話の中学校への持ち込みを認める案をまとめた。これまでの「原則禁止」から転換し、災害時などの緊急連絡に使えるようにする。校内での通話やインターネットの使用は認めない方向という。

 小学生は従来通り原則禁止を維持する。スマホの利用率が比較的低く、通学距離も短いためだ。

 見直しの契機は2018年の大阪北部地震だった。保護者から子供の安否確認のために認めてほしいとの声が上がり、大阪府は昨年、小中学校とも容認に転じた。

 中学生のスマホ利用率は約7割にのぼる。部活動や塾通いで、帰宅が遅くなりがちだ。今回の方針転換は、防犯に役立つ面があることも考慮したのだろう。

 課題は、授業や部活の間、誰がどのようにスマホを管理するかだ。文科省は、盗難や破損などが起きた場合の責任の所在を明確にしておくよう求めている。

 教師が一括して預かり、鍵付きのロッカーで保管する。生徒が自分のカバンに入れておく。こうした私立学校などの例を参考に、各教育委員会はそれぞれの学校に適した管理方法を検討すべきだ。

 近年、スマホやゲームの長時間利用による子供たちの心身への影響が懸念されている。学校への持ち込み解禁で、登下校時にもSNSやゲームに没頭するのではないか、といった心配は尽きない。

 個人情報の漏えいやネットいじめなどにつながる恐れもある。ネット利用に潜む危険性をきちんと教える取り組みが求められる。

 文科省は、持ち込みを認める場合、有害サイトの閲覧を制限する「フィルタリング」の設定を促している。保護者が責任を持って対応することが欠かせない。

 学校、生徒、保護者の間でスマホの利用方法をしっかりと決めておくことが大切になる。ルール作りに生徒自身が積極的に関わり、納得して守れるようにしたい。

 今回の持ち込み容認は、スマホ所持を推奨しているわけではない点にも留意する必要がある。

 「うちの子にも買い与えなければいけないのか」と悩む親もいるだろう。端末は高価で、経済的負担も大きい。学校は、持たない子供が疎外感を感じたり、いじめの対象になったりしないよう、目配りを忘れてはならない。

無断転載禁止
1299202 0 社説 2020/06/25 05:00:00 2020/06/25 01:59:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ