コロナ労災認定 社会支える働き手の安全網に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大への警戒はなお怠れない。経済活動との両立を図るため、安心して働ける環境を整えなければならない。

 厚生労働省は、コロナ感染に関する労災認定の状況をまとめた。請求は約400件、認められたのは40件未満にとどまっている。審査を急ぐとともに、コロナ感染が労災の対象になることを幅広く周知してもらいたい。

 雇用者がコロナに感染し、原因が仕事にあると認められれば、労災保険から、給与の8割程度の休業補償を受けられる。企業の健康保険組合などから支給される傷病手当金より手厚い。亡くなった場合は遺族への給付がある。

 厚労省は、医療・介護従事者について、業務外の感染であることが明確な場合を除き、原則として労災と認める方針を決め、各都道府県労働局に通知した。

 複数の感染者が出た職場や、小売り、運送、保育など人と接する職場についても、業務による感染の可能性が高いとみて、労働局に適切な判断を求めている。

 問題は、感染経路の特定が難しいことだ。そのため、医療・介護従事者以外の請求が少ない。

 感染の原因が仕事かどうかわからず、申請をためらう労働者が多いのではないか。労災と認めた実例を示すなど、具体的で分かりやすい目安が必要だろう。

 企業はまず、感染防止の徹底が最優先である。労働組合などには依然として、「会議の3密状態が解消されない」「時差出勤が認められない」といった労働者の声が寄せられている。

 医療はもちろん、運送、小売りなどのサービスは、経済活動や日常生活に不可欠だ。感染を恐れて離職する人が増えれば、社会的な損失となる。企業には労災認定手続きへの協力が求められる。

 労災保険に加入できるフリーランスの範囲を拡大することも重要だ。個人タクシーや家事サービスの従事者らには、特別加入制度を設けている。それ以外でも会社に雇用されずに働く人は多く、実情を踏まえて検討すべきである。

 長引くコロナ禍のもとで、テレワークなど職場以外で働く人が増えている。仕事とプライベートの線引きがあいまいになり、会社が労働実態を把握しにくくなりがちだ。労災の認定が難しいケースの増加が予想される。

 労災保険は生活を守る安全網である。多様な働き方に対応し、制度や運用のあり方を不断に見直していくことが欠かせない。

無断転載禁止
1307276 0 社説 2020/06/29 05:00:00 2020/06/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ