小池知事再選 首都の活力維持に課題は多い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済をしゅくさせずに、感染の拡大を防ぐという難題が待ち受けている。地に足の着いた施策を遂行して、都政を率いる重責を引き続き果たしていくことが求められる。

 東京都知事選で、現職の小池百合子氏が再選を果たした。政党の推薦を受けず、無党派層の支持を幅広く集めることに成功した。自民、公明両党に加え、野党の支持層にも浸透したことが、圧勝につながったと言えよう。

 元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏は、立憲民主党や共産党の支援を受けたが、及ばなかった。れいわ新選組代表の山本太郎氏や、日本維新の会が推薦した前熊本県副知事の小野泰輔氏も、支持を広げられなかった。

 新型コロナウイルス対策として、各区市町村の選挙管理委員会は、投票所の換気や消毒を徹底した。投票日の混雑を回避するため、期日前投票所を増やした自治体もある。工夫を凝らし、投票の環境を整えた意義は大きい。

 小池氏が最優先で取り組むべきなのは、感染症対策の強化だ。都内の新規感染者数は増加に転じており、警戒を怠れない。検査能力の向上や、医療提供体制の充実を着実に進めることが大切だ。

 中小企業や事業者への支援もためらってはならない。

 先の感染拡大時、国と都は、休業を要請する事業者の範囲を巡って、もめた経緯がある。

 都は流行の実態を正確に把握できず、感染者数の修正を繰り返した。23区が設置主体である保健所と、十分に意思疎通を図れていなかったと言わざるを得ない。

 小池氏は教訓を生かし、政府や区市町村と協力して、適切に業務を遂行する必要がある。

 中長期の課題は山積している。コロナ禍にあっても、来年、東京五輪・パラリンピック大会の開催にこぎ着けられるかどうか。

 大会組織委員会や都は、開会式などを簡素化する方針だ。具体策の取りまとめは急務である。関係者で協議を重ねて、延期に伴う追加費用の負担のあり方を決めることも欠かせない。

 首都直下地震や大型台風などの災害対策は重要だ。木造住宅の密集地は、被害が甚大となろう。

 一極集中で1400万人に達した都の人口は、2025年を境に減少する。40年には、人口の3割近くを高齢者が占めるという。

 小池氏は、こうした局面を視野に入れつつ、首都の活力を維持し、暮らしやすい街づくりを進めていかなければならない。

無断転載・複製を禁じます
1321811 0 社説 2020/07/06 05:00:00 2020/07/06 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ