河井夫妻起訴 倫理観の欠如に驚かされる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国会議員の夫妻による選挙違反事件の真相解明は、法廷に委ねられた。多額の現金を広く提供した理由を、2人は自ら説明するべきだ。

 衆院議員の河井克行・前法相、妻の案里・参院議員が、公職選挙法違反(買収など)で東京地検特捜部に起訴された。

 克行容疑者は、法秩序を守る法務省のトップを務めていた。過去には法務副大臣も経験している。法務行政を熟知しているはずの政治家が、買収の罪に問われること自体、驚きを禁じえない。

 克行容疑者は案里容疑者が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区で、地元議員ら100人に計約2900万円を提供し、案里容疑者も一部で共謀したとされる。

 現金の提供先は、多くが地元の県議や市長といった有力者だった。金額は1人あたり200万円に上るケースもあった。選挙結果がカネによってゆがめられたとすれば、ゆゆしき事態である。

 克行容疑者は現金提供を大筋で認める一方、買収の意図は否定しているという。いかなる趣旨にせよ、倫理観に欠け、金銭感覚が異常だったと言わざるを得ない。

 特捜部は克行容疑者を公選法上の「総括主宰者」と認定した。総括主宰者の買収は、法定刑が重く規定されている。克行容疑者が選挙運動を実質的に取り仕切り、責任は重大と判断したのだろう。

 公選法には、買収の趣旨を認識して現金を受け取った側も「被買収」として処罰する規定がある。現金を提供された側の処分について、特捜部は「現時点で起訴していない」と述べるにとどめた。

 50万円を受け取った市議は、その後、案里容疑者を応援するはがき約3000枚を有権者に郵送した。「買収の意図は感じたが、現金は生活費に充てた」などと説明しているという。

 現金を受け取った議員の一部は謝罪や辞職に追い込まれた。60万円の受領を認めた市長は、丸刈り姿で謝罪の記者会見を開いた。起訴されるかどうかにかかわらず、道義的責任は免れまい。有権者の理解も得られないだろう。

 今後の裁判では、克行容疑者らが現金を提供した趣旨が、票の取りまとめを依頼するためだったかどうかが争点になる。

 克行、案里両容疑者はこれまで、公の場で事件について説明してこなかった。提供された資金は、どこから捻出したのか。選挙の前に自民党本部から案里容疑者側に振り込まれた1億5000万円との関連性も解明してもらいたい。

無断転載・複製を禁じます
1330269 0 社説 2020/07/09 05:00:00 2020/07/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ