豪雨被害 高齢者の避難路確保が課題だ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本列島の広い範囲で記録的な大雨が続いている。九州では犠牲者が多数に上る。河川の氾濫や土砂崩れに、引き続き警戒が欠かせない。

 熊本、鹿児島両県に豪雨被害が出てから1週間になった。激しい雨は九州全域に広がり、岐阜、長野両県でも浸水被害が出ている。今後も梅雨前線の停滞が見込まれ、各地で大雨の恐れがある。

 九州はこの時期、毎年のように豪雨に見舞われる。原因は、梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、次々と発生した積乱雲が強い雨を降らせる「線状降水帯」だ。海に開けた地形が影響し、気温が上昇する梅雨時に生じやすい。

 線状降水帯の兆候を把握できれば、早期避難が可能になるが、予測は難しい。台風や梅雨前線より規模が小さく、発生も急なためだ。関係機関で研究を進め、効果的な予測を実現してほしい。

 今回、亡くなった人の大半は、熊本県南部を流れる球磨川流域の高齢者だ。急激な雨量の増加に避難が間に合わず、浸水や土砂崩れの犠牲になった。雨が夜中から明け方に集中した影響も大きい。

 迅速な避難の重要性が改めて浮き彫りになったと言えよう。とりわけ高齢者の場合は、早めの行動が命を守ることにつながると、周囲も認識する必要がある。

 球磨川の支流近くにある特別養護老人ホームでは14人が死亡した。事前に避難計画を作り、訓練もしていたが、被害を防げなかった。職員が近隣住民と車いすの入所者を、階段で2階へ押し上げる途中に濁流が押し寄せた。

 1階と2階を結ぶスロープはなかったという。施設の中には、階段に固定できる簡易スロープを導入し、車いすのスムーズな移動に役立てているところもある。

 高齢者や障害者を抱える施設は、様々な災害を想定し、できる限り備えておくようにしたい。

 ホームへの浸水は、球磨川の増水で支流から水が押し寄せる「バックウォーター現象」が原因とみられる。2年前の西日本豪雨でも起きた。河川に近い施設は危険性を把握しておくことが重要だ。

 迅速な避難が難しい施設については、より安全な地域への移転も検討すべきではなかろうか。

 心配なのは避難生活である。

 自宅が土砂や濁流で損壊した被災者は多い。生活の再建は容易ではなく、避難所暮らしが長期化する可能性がある。夏本番には熱中症のリスクも高まる。こまめな水分補給と定期的な運動で、健康維持に努めてもらいたい。

無断転載・複製を禁じます
1334825 0 社説 2020/07/11 05:00:00 2020/07/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ