熱中症予防 暑さに慣れない時期は注意を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本列島のほとんどで梅雨が明け、暑さが本格化してきた。熱中症への警戒が必要だ。特に体が暑さに慣れるまでは、十分に気をつけたい。

 例年、梅雨明け直後は熱中症になる人が多い。体が暑さに順応できていないためだ。7月は日照時間が短く、暑い日が少なかった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、発汗を促す運動が十分できなかった人もいるだろう。

 熱中症予防の原則は、こまめに水を飲み、日陰で休憩することだ。熱中症は気温以外に、湿度や日差しなども影響する。気温が高くなくても、じめじめした日は汗が蒸発せず熱が体にこもりやすい。

 屋外での活動に適さないような日は、活動を延期したり、控えたりすることも大切だ。

 熱中症への警戒度を判断するのに有効なのが、気温や湿度から算出した「暑さ指数」という国際指標だ。21を超えると注意が必要になり、31を超えると原則、運動の中止が望ましいとされる。

 環境省と気象庁は7月、この指数を基にした「熱中症警戒アラート」の制度を関東甲信の1都8県に導入した。指数33以上が予想される場合は、前日や当日朝に発令して注意を呼びかけるという。

 気象庁が気温35度以上で出す高温注意情報はこれまで、毎年十数回発表されており、深刻さが伝わりにくかった。アラートは、まだ一度も発令されていない。年間でも数回程度と予測され、より的確な注意喚起になるだろう。

 来夏からはアラートの運用を全国に拡大する予定だ。今年の成果と課題をしっかりと検証し、来年の本格実施に備えてほしい。

 新型コロナの感染防止対策で、今年はこれまでと状況が違う。飛沫ひまつの拡散防止のため、夏でもマスクを手放せない。密閉空間では、感染が起きないよう、冷房中でも部屋の換気が必要だ。

 感染対策と熱中症予防のバランスをとることが重要だ。厚生労働省は、十分な距離が取れる屋外ではマスクを外すよう勧めている。無理に着用を続ければ、熱中症のリスクが高まるからだ。

 高齢者は、コロナ感染で重症化しやすいだけでなく、熱中症にもなりやすい。暑さや喉の渇きを感じにくいためで、特に持病がある人には留意してもらいたい。

 学校の一斉休校で、夏休みは例年より短く、真夏に登校を続ける子供は多い。エアコンのない学校では一層の目配りが要る。部活動も屋内外を問わず、長時間に及ばぬよう工夫してほしい。

無断転載・複製を禁じます
1388033 0 社説 2020/08/05 05:00:00 2020/08/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ