NHK経営計画 これで肥大化是正が進むのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 受信料で成り立つ公共放送として、業務の肥大化路線を是正しなければならない。その具体策が問われている。

 NHKは、2021~23年度の次期経営計画案をまとめた。柱となったのはチャンネルの再編である。

 四つの衛星放送のうち、報道とスポーツ中心の「BS1」、娯楽番組中心の「BSプレミアム」、高精細画質の「BS4K」の三つを段階的に一つにする方針だ。ラジオは、AMの第1と語学番組中心の第2を統合するという。

 意見公募を経て、年内にも正式に計画を策定する予定だ。

 総務省は「業務・受信料・組織統治」の三位一体改革を求めてきた。事業のスリム化に向け、実効性ある計画とするべきである。

 NHKは放送法に基づく特殊法人だ。利益の追求は必要なく、法人税は支払っていない。

 19年度の受信料収入は約7100億円で10年度と比べ1割近く伸びた。番組制作などの国内放送費は10年間で約3割増えている。

 優遇された立場で、民業圧迫を続けることは許されまい。

 今年春、若者のテレビ離れ対策として、インターネットへの番組の「同時配信」を始めた。新たな分野に乗り出すのなら、他の事業を見直すのは当然である。

 問題なのは、今回の計画案が、総務省などが要請する子会社の改革や受信料の引き下げについて、踏み込まなかったことだ。

 子会社は、本体とは異なり株式会社であり、収益事業も可能だが、イベント企画や通販など民間と競合するビジネスが多い。

 グループ内の取引額の9割超は随意契約で、高コスト体質だと指摘されている。剰余金をため込んでいることも見過ごせない。

 業務範囲を限定しながら、子会社の再編や人員削減などの改革を断行してもらいたい。

 そうした取り組みを、確実に受信料の引き下げにつなげていくことが重要だ。日本新聞協会は、受信料収入のうち2000億円を削減できると試算している。

 NHKは今後、地上波の契約と、衛星放送も見られる契約を「総合受信料」に一本化することを検討するという。地上波のみ視聴する世帯の負担が増すことはあってはならない。多くの国民が納得できる受信料とする必要がある。

 公共放送の役割の明確化も不可欠だ。民放と似た手法の娯楽番組が増えているが、その妥当性も含め、NHKのあり方について論議を深めることが大切となる。

無断転載・複製を禁じます
1388034 0 社説 2020/08/05 05:00:00 2020/08/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ