自民党総裁選 政策の継承だけでは物足りぬ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 感染症の流行で傷んだ社会や経済を立て直さねばならない。首相を目指す各候補は、日本の針路を明確に示し、内外の課題にどう対処するかを具体的に語るべきだ。

 菅官房長官が、安倍首相の後継を選ぶ自民党総裁選への立候補を表明した。8日告示、14日投開票となった総裁選は、岸田政調会長、石破茂元幹事長を含む三つどもえの構図がほぼ固まった。

 3氏とも、要職を務めてきたベテランである。識見を生かし、活発に政策を論じてもらいたい。

 菅氏は記者会見で「安倍首相の取り組みを継承し、前に進める」と述べ、経済政策アベノミクスを堅持する意向を強調した。

 安倍内閣は、財政出動や大胆な金融緩和によって企業業績を回復させ、雇用環境を改善した。菅氏が経済優先で政権を担う姿勢を示したことは、評価できる。

 一方で、成長戦略は、成果が上がっているとは言えない。持続可能な社会保障制度や、財政再建の議論も遅れ気味だ。こうした課題を放置することは許されない。安倍内閣の政策を継続すると言うだけでは、不十分である。

 長期政権では、公文書の改ざんのほか、記録の廃棄や杜撰ずさんな扱いが次々に発覚した。国民に不信感が広がったのは事実だ。

 菅氏がいずれの案件も「決着済み」で済ませているのは疑問である。仮に新首相となっても、政権への信頼が揺らぎかねない。政策決定や文書管理のあり方を検証し、改善を図る責任があろう。

 岸田氏は、新型コロナウイルス対策を柱とした政策を発表した。検査を拡充するとともに、臨機応変に経済対策を実施する方針を示した。石破氏は、東京への一極集中の解消や、防災省の創設など安全な国造りを軸に据えた。

 岸田、石破両氏ともに、人工知能の研究支援や、デジタル基盤の整備を掲げている。アベノミクスの弱点を補い、経済再生を図る狙いは理解できよう。

 自民党の7派閥のうち5派閥が菅氏の支持を表明した。総投票数の4分の3を占める国会議員票では、菅氏が優位に立っている。

 見過ごせないのは、「勝ち馬」に乗ろうと、早くも各派閥が主導権争いをしていることだ。新政権でのポスト獲得を目指す動きのようだが、見苦しい。

 無派閥の菅氏が「派閥の論理」で選ばれるようなことでは、本人にとっても不本意ではないか。公約や政治姿勢を見極め、新たなリーダーを決めることが大切だ。

無断転載・複製を禁じます
1453444 0 社説 2020/09/04 05:00:00 2020/09/04 03:28:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ