国語世論調査 言葉は選んで大切に使いたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 相手に気持ちや用件を伝えるのに、言葉は欠かせない存在だ。言語活動は人格の形成にも影響する。日頃から正しく使う習慣を身につけたい。

 文化庁が2019年度の「国語に関する世論調査」の結果を発表した。「国語が乱れている」と感じている人は、20年前より約20ポイント少ない約66%にとどまった。

 「乱れていない」と回答した人に理由を尋ねたところ、「言葉は時代によって変わる」「多少の乱れがあっても根本的には変わっていない」が多かった。

 スマートフォンやSNSの普及で、誰でも情報を発信できるようになった。多様な表現に触れる機会が増え、言葉の使い方にも寛容な人が増えているのだろう。

 そうであっても、相手との意思疎通に支障が出たり、相手が不快に感じたりするようでは問題だ。調査によると、乱れを感じるのは、「敬語の使い方」と「若者言葉」が上位を占めたという。

 「やばい」という言葉は従来、若者を中心に「危ない」という意味で使用されてきた。最近は「面白い」など多義的な使われ方をする。仲間内なら通じるかもしれないが、相手の世代や状況によっては逆の意味に取られかねない。

 そもそも、SNSでは短文が多用され、趣旨や感情が伝わりにくい面がある。場面に応じて、使うべき言葉をしっかりと選び、適切に用いることが大切だ。

 調査では、新しい表現や慣用句の使い方についても尋ねた。

 婚活や終活などの「活」がつく表現や、パワハラ、モラハラといったハラスメントを省略した言葉は幅広く親しまれていた。

 一方、「敷居が高い」は「相手に不義理をしてしまい、行きにくい」という本来の意味を知る人が29%で、約56%は「高級すぎて入りにくい」と思い込んでいた。

 文化庁は「相手に不義理だという感覚自体がなくなってきたのではないか」と指摘している。

 言葉は今後も、はやり廃りがあるだろうが、ビジネスや公的な場では、正確に使うことが不可欠である。理解が不十分だと、外国人に教えることもできない。

 言語感覚を養うには、幼少期から読書体験を重ね、語彙ごいを豊かにする必要がある。作品を通じ、他者への理解や共感も生まれる。

 本を読まない高校生や大学生が多いのは心配だ。家庭や学校などで、活字に触れる機会を増やしたい。深く考える力や、豊かな情緒を育むには、じっくりと言葉と向き合うことが重要だ。

無断転載・複製を禁じます
1510456 0 社説 2020/09/30 05:00:00 2020/09/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ