コロナと自殺増 命救う対策と実態調査を急げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自殺者が夏場から急増している。新型コロナウイルスの流行が長引き、精神面にも悪影響が出ているのではないか。一人でも多くの命を救う対策を急がねばならない。

 警察庁の統計によると、7月から9月の自殺者数は、3か月連続で1800人を超え、前年同期より計400人以上多かった。

 外出や営業の自粛が長期化し、経済的、精神的な負担が蓄積されている。1~6月はいずれも前年を下回っていた。最近の急増は深刻に受け止めるべきだろう。

 女性と子供の自殺の増加が目立っているのが気がかりだ。

 8月の統計では、女性は前年比4割増で、特に40歳未満は7割以上増えた。女性は非正規雇用が多く、コロナ禍で職を失った人もいる。外出自粛に伴う育児や介護のストレスのほか、家庭内暴力なども潜んでいた恐れがある。

 「学校問題」を理由とした子供らの自殺は、前年の16人から52人に増えた。長引く休校や慣れないオンライン授業で、子供たちは不安定な状況に置かれていた。

 コロナの影響で、解雇や雇い止めを通告された人は、6万5000人を超えている。

 1990年代のバブル崩壊後、年間3万人以上が命を絶ち、失業との関連が指摘された。国は、コロナと自殺の関係性について、調査を急いでもらいたい。

 一般に自殺の原因は、経済状況や人間関係などが複雑に絡み合うことが多い。芸能人の自殺が相次いだ影響が大きいと話す専門家もいる。国や自治体が、自殺の原因やリスクが高い層を見極めて、適切に対処することが大事だ。

 厚生労働省は1万人を対象に、「コロナうつ」の実態調査を始めた。高齢者を中心に、感染の不安などから心の不調を訴える人は多い。特に、一人暮らしのお年寄りや一人親家庭など、孤立しがちな世帯への目配りが重要になる。

 厚労省は9月、「生きづらさを感じている方々へ」と題した大臣メッセージを公表し、悩みを抱え込まずに、家族や友人ら身近な人に相談するよう呼び掛けた。

 悩みを打ち明けられる窓口の拡充が急務である。人手不足で活動を制限している団体もある。コロナ禍で対面相談は難しい。SNSを使った相談態勢の整備も必要だろう。国や自治体が、資金面で手厚く支援することが不可欠だ。

 周囲に助けを求められない人もいる。地域住民や関係機関が垣根を越えて連携し、SOSをすくい上げる環境を整えてほしい。

無断転載・複製を禁じます
1556897 0 社説 2020/10/18 05:00:00 2020/10/18 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ