読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナと寺社 人々の不安に寄り添う活動に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 初詣や葬儀・法事など伝統的な宗教行事に、新型コロナウイルスの影響が広がっている。多くの寺社は厳しい状況にあるが、人々の不安に寄り添う活動を続けてもらいたい。

 神社本庁は初詣を前に、人の密集を避ける工夫、物品の消毒などを求めるガイドラインを示している。三が日に限らず、分散参拝を呼びかける寺社もある。

 感染者の増加傾向は止まらず、大都市圏では、多くの鉄道が年越しの終夜運転を行わない。初詣はふだん足を運ばない層も集め、神仏との縁を感じてもらう機会となってきた。それだけに、寺社の苦境を象徴していると言えよう。

 感染への懸念から、葬儀にも変化が及んでいる。主流は仏教式だが、会葬者を絞ったり、通夜や会食を取りやめたりするケースに加え、お盆やお彼岸といった法事の中止も増えているという。

 葬儀や法事は伝統的に、死を受け止め、悲しみを癒やす営みとなってきた。近年は簡素化志向が強まっている。檀家だんか離れが加速すれば、お布施に支えられる経営面のダメージは大きくなる。

 地方では、子供たちを集め、礼儀作法などを教える寺子屋的な活動や、住民ぐるみの祭礼を続ける寺社も少なくない。そうした活動が停滞することは、地域の求心力を弱めかねない。

 過疎化や生活慣習の変化で、かねて寺社の基盤は揺らいでいるとも指摘されてきた。そこにコロナ禍が重なった。社会や地域との絆を維持し、強めることでしか、活路は開けないのではないか。

 その意味では、オンライン化の試みが広がっていることは注目される。宗派単位の大きな行事のライブ配信、ネットを通じた法話など、多岐にわたっている。

 葬儀のオンライン中継などを始めた業者もある。むろん抵抗感を持つ向きも少なくあるまい。寺社としては、時流に合わせるところと、伝統を守るべきところを見極めることが必要だろう。

 ネットに頼らずとも、日常的に檀家などに声をかけ、様々な悩みに耳を傾ける姿勢は大切だ。

 全日本仏教会の調査によると、感染拡大後、菩提ぼだい寺から郵便や電話などをもらった人は、4割以下にとどまっていた。ただ、「ありがたかった」など好意的に受け止めた比率は、中高年層よりも、若い層の方が高かったという。

 今もなお、心を支える役割が求められている表れだ。社会の動揺を鎮める宗教への期待感に応えるべき時でもあろう。

無断転載・複製を禁じます
1738205 0 社説 2020/12/30 05:00:00 2020/12/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)