読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

防衛予算 国民の理解深める努力続けよ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。政府はその事実を丁寧に国民に説明し、防衛政策に対する理解を深めなければならない。

 2021年度予算案の防衛費は、今年度当初比で0・5%増の5兆3422億円となった。9年連続での増額で、過去最大だ。

 中国は、日本の防衛費の4倍近い予算を投じ、軍備を増強している。北朝鮮のミサイル開発は、依然として脅威である。着実に防衛力を高めることが肝要だ。

 予算案では、宇宙、サイバー、電磁波といった新領域の能力強化や、島嶼とうしょ防衛を念頭に、新型ミサイルの開発に重点を置いた。

 宇宙分野では、監視用の衛星の設計費などで計659億円を計上した。サイバー関連では、陸海空の共同部隊を新設するなど、301億円を投じる方針だ。

 人工衛星や、サイバー空間のネットワークを通じた情報は、艦艇や戦闘機の運用に不可欠だ。防護力を高める狙いは理解できる。

 ミサイル開発では、国産の地対艦ミサイルの射程を伸ばすため、335億円を計上した。

 相手の射程圏外から発射できる「スタンド・オフ・ミサイル」として、5年後の配備を目指している。遠方から迎撃し、自衛隊員の安全を確保するという。

 射程の長いミサイルは、敵基地攻撃能力の手段となり得る。だが、菅内閣はそうした活用方法を否定している。攻撃能力の保有に関する検討も、先送りした。

 日本のミサイルで敵の拠点を攻撃するという選択肢を持つことは、抑止力の向上につながろう。新たな装備に予算を投じる以上、その目的を明確にする必要がある。政府は、攻撃能力の議論に背を向けてはならない。

 最先端の装備の購入や、研究開発などに一定の予算を割くのはやむを得ないが、防衛費を際限なく増やすのは難しい。

 防衛省は近年、補正予算で装備品を購入し続けている。20年度の第3次補正予算案では、哨戒機や潜水艦などの費用として3867億円を確保した。

 政府は18年に決めた中期防衛力整備計画で、19年度から5年間の防衛費の総額を27兆4700億円と定めている。その枠内で、計画的に予算を計上すべきだ。

 自衛隊は、災害時の救援や、新型コロナウイルスの感染者の治療などの任務もこなしている。国土の防衛を優先しつつ、様々な活動を通じ、自衛隊に対する世論の支持を広げていくことが大切だ。

無断転載・複製を禁じます
1738206 0 社説 2020/12/30 05:00:00 2020/12/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)