読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河井案里氏辞職 説明なしで幕引きを図るのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大規模な買収事件によって、政治の信頼を失墜させた事実は重い。議員辞職は当然である。

 2019年の参院選を巡る公職選挙法違反事件で、有罪判決を受けた河井案里被告が参院議員を辞職した。期限を目前に控え、控訴の断念を表明した。有罪が確定して失職する前に、自ら退いた形だ。

 車上運動員に対する違法報酬事件では、案里被告の秘書の有罪が確定している。当選無効を求める連座制訴訟を起こされており、失職の可能性は濃厚だった。追い詰められた末の進退判断は、遅きに失したと言えよう。

 東京地裁判決は、案里被告が夫の河井克行・元法相と共謀し、票の取りまとめなどの報酬として、地元・広島の県議4人に計160万円を提供したと認定した。そのうえで、懲役1年4月、執行猶予5年を言い渡した。

 克行被告は、地元議員ら100人を買収した罪で起訴された。案里被告は、夫の裁判が進行中だとして、金銭授受の背景などを明らかにしないままとなった。

 夫妻はこれまでも、捜査や公判を理由に説明を拒んできた。何ら疑問に答えず、幕引きを図ることは許されない。案里被告は説明責任を果たすべきだ。

 すでに自民党を離党したとはいえ、案里被告の出馬を後押しした党の対応も問題である。

 案里被告は国会を長く欠席し、職責を果たしてこなかった。早期の辞職を促し、政治の信頼回復に努めるのが、政権政党の役割ではなかったのか。案里被告側に多額の資金を支出した経緯や理由も、うやむやにしている。

 最近の自民党内では、議員の倫理観の欠如ぶりが目につく。

 吉川貴盛・元農相は健康問題を理由に辞職したが、大臣室などで業者から現金を受け取ったとして収賄罪で起訴された。統合型リゾートを巡る汚職事件でも衆院議員が起訴された。離党はしたが、今も議員の職にとどまっている。

 菅首相は自民党総裁として、党内の引き締めを迫られよう。

 最近も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で、自民、公明両党の議員が深夜まで東京・銀座のクラブを利用し、離党や議員辞職に追い込まれたばかりである。

 案里被告の辞職に伴い、4月には参院広島選挙区で補欠選挙が行われる。衆院北海道2区、参院長野選挙区の補選もある。

 有権者から厳しい視線を向けられていることを、与党は認識しなければならない。

無断転載・複製を禁じます
1821612 0 社説 2021/02/05 05:00:00 2021/02/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)