読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

接触確認アプリ 政府は不具合放置を猛省せよ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ重要な手段として国民に利用を呼びかけながら、4か月も不具合を放置していた。厚生労働省の対応は怠慢のそしりを免れない。

 感染者と接触した可能性を知らせるスマートフォン用の接触確認アプリ「COCOA(ココア)」について、利用者の3割が昨年9月から機能を使えない状態に陥っていると厚労省が発表した。

 昨年6月の導入後にダウンロードされた約2460万件のうち、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」用の約770万件で、感染者との接触があっても通知が届かない障害が続いているという。

 ココアは、スマホの近距離無線通信機能「ブルートゥース」を使い、「1メートル以内、15分以上」の利用者同士の接触をスマホに記録する。感染した利用者が管理システムに登録すると、14日以内の接触履歴がある人に通知が届く。

 通知を受けた人がPCR検査や外出自粛などを行えば、昨秋以降の感染拡大期に一定の効果を期待できたのに、機能しなかったことになる。菅首相が陳謝し、徹底調査の方針を示したのは当然だ。

 不具合は、委託業者が9月にアプリを改修した際に生じたという。改修に伴う障害はしばしば起きることだが、発注者の厚労省は業者任せで、動作確認を実際の端末で行うことを怠っていた。

 SNS上では「感染者と接触したはずなのに通知が来ない」という声が広がっていたが、1月に報道や国会で取り上げられるまで調査せず、事態の把握が遅れた。発注者としての責任感が欠如していたといわざるを得ない。

 ココアの利用は任意だ。個人情報保護への配慮から、誰に通知したかといった情報を政府は把握できない。その分、アプリの動作をしっかり管理し、機能を周知して普及を図るべきなのに、自ら信頼を落としているのではないか。

 普及率や陽性者の登録数は低調なままだ。政府は東京五輪を見据えて訪日客にも活用してもらうことを想定しているが、これではおぼつかない。

 厚労省は、感染状況を国と自治体が共有するシステムや雇用調整助成金のオンライン申請でも、使い勝手の悪さなどを批判された。システム構築を急ぐあまり、業者の管理や現場の声を聞く姿勢が不十分だったと指摘されている。

 コロナワクチンの流通でも信頼できるシステムが必要になる。厚労省は、これ以上失態をくりかえしてはならない。

無断転載・複製を禁じます
1825168 0 社説 2021/02/07 05:00:00 2021/02/07 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)