読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

橋本五輪新会長 混乱収拾し準備に最善尽くせ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 混乱を早期に収拾し、東京五輪・パラリンピック大会の準備を加速させる転機にしたい。

 大会組織委員会の新会長に、橋本聖子五輪相が選ばれた。不適切な発言で退いた森喜朗前会長の後継として、本番が5か月後に迫る中で組織委を率いることになった。

 橋本氏は「大会の成功に向けて邁進まいしんしてゆく」と述べた。

 組織委が設置した候補者検討委員会は選考段階で、男女平等など五輪の理念実現に加えて、組織の運営能力や国際的な活動経験といった資質を求めていた。

 橋本氏は夏冬通じて計7回の五輪出場経験を持つ。東京大会には招致段階から携わり、五輪相として準備状況を熟知している。女性活躍相を兼務し、女性問題にも精力的に取り組んできた。

 選手時代や政界での実績を踏まえると、他に適任者はいなかったと言える。検討委では全員一致で推薦が決まったという。

 閣僚は公益法人の役職員との兼職が禁じられているため、橋本氏は五輪相を辞任した。後任には丸川珠代・元五輪相が就任した。

 五輪憲章は、スポーツ団体に政治的な中立性を求めている。橋本氏は参院議員にとどまる意向を示しつつ、「疑念を持たれない行動を取っていく」と述べた。

 森前会長の女性差別と受け取られかねない発言により、日本が性差別が残る国だという印象が国際社会に広まった。国内でもボランティアらの辞退が相次いだ。

 新型コロナウイルスの感染がいまだ収束せず、五輪の開催を危ぶむ声も上がっている。

 体制の立て直しが急務だ。今回の問題を受け、組織委は女性役員の増員を検討するという。単なる数合わせではなく、運営に直接携わるようにするなど、内実を伴った改革を進めることが大切だ。

 組織刷新に全力を挙げ、負のイメージを払拭ふっしょくしてほしい。

 開催へ向けた課題は山積している。約1か月後に迫った聖火リレーは、緊急事態宣言の再発令で準備が遅れている。3~4月には、観客の受け入れに関して判断を下さなければならない。

 米バイデン政権側からは、感染対策の指針作成を求める声が出ている。選手らが安心して参加できるよう、検査体制や人員の確保も含めて、安全な大会への具体的な道筋を示すことが重要だ。

 混乱を引きずる時間的猶予はない。組織委や国、東京都など関係機関が緊密に連携し、大会の実現に最善を尽くしてもらいたい。

無断転載・複製を禁じます
1853237 0 社説 2021/02/19 05:00:00 2021/02/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)