読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

プロ野球開幕 迫力あるプレーを堪能したい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 球春の到来だ。白熱した戦いを展開し、停滞感に覆われている日本を勇気づけてもらいたい。

 プロ野球セ・パ両リーグが26日、開幕する。

 昨季は新型コロナウイルス流行の影響で、開幕が6月にずれ込み、無観客で始まった。今季は全ての球場で観客を収容できる。4月中旬には収容人数の50%まで受け入れ可能になる見通しだ。球場で迫力あるプレーを味わいたい。

 自治体からの営業時間短縮要請を受け、両リーグとも延長戦は行わず、九回で打ち切る。同点の場合は引き分けとなる。

 迅速な試合運びは、以前からの課題である。各球団は速やかな進行への協力を心がけたい。

 昨季の経験を踏まえ、各球団は感染対策を加速させてきた。巨人軍はキャンプ地の沖縄に、PCR検査の拠点を設けた。他球団や報道陣なども対象に含めて、地域医療の負担軽減を図った。

 無観客の練習試合を経て、3月のオープン戦から観客を迎えた。各球団は自治体の要請に応じ、開始時間を繰り上げるなど感染防止に協力した。キャンプやオープン戦で感染者が出なかったのは、こうした取り組みの成果だろう。

 シーズン中も感染対策が強化される。観客の密集を避けるため、電子チケットや自動ゲートの導入が進んでいる。感染歴を調べる抗体検査キットを希望する観客に事前送付し、体調管理に利用してもらう試みを始める球団もある。

 感染防止には、球団側の努力とともに、ファンの協力が不可欠だ。マスクの着用を徹底し、大声や鳴り物での応援は避けてほしい。

 政府の入国制限で、多くの外国人選手が来日できていない。緊急事態宣言の解除後、特例での入国が認められたが、当面は戦力にばらつきが生じよう。今こそ、若手の奮起を期待したい。

 新戦力の注目株は、阪神にドラフト1位で入団した佐藤輝明選手だ。オープン戦では、最多の6本塁打を記録した。

 東日本大震災から10年となる今季、田中将大投手が米大リーグから楽天に帰ってきた。初登板で勝利すれば、日本通算100勝となる。気迫あふれる投球で、東北を盛り上げてもらいたい。

 政府は近く、感染対策の効果を検証することを条件に、2万人まで観客収容を認める方針だ。各球団が行った検証の結果は、東京五輪・パラリンピック大会の競技会場で感染対策に生かされる。

 球界で蓄積した知見を、安全な大会の実現につなげてほしい。

無断転載・複製を禁じます
1937697 0 社説 2021/03/26 05:00:00 2021/03/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)