読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新年度予算成立 感染抑止の論戦が足りない

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 危機を乗り越えるための対策について、与野党が十分に論じているとは言い難い。駆け引きに終始せず、建設的な論戦を心がけるべきだ。

 一般会計総額で過去最大の106兆円を超える2021年度予算が成立した。政府は、予算に盛り込まれた施策を着実に実施しなければならない。

 新型コロナウイルス対策では、保健所の体制を強化することが柱だ。保健師の確保に向けて、採用に関する自治体の費用を支援するほか、保健師の人材バンクを全都道府県に設置するという。

 感染者の入院先の調整や、PCR検査の手配など保健所の業務は多岐にわたっている。公衆衛生に携わる人材を増やし、現場の負担を軽減する意義は大きい。

 感染が拡大した地域に保健師を弾力的に融通できるよう、人材バンクを有効に活用してほしい。

 緊急事態宣言前に編成された予算では、病床逼迫ひっぱくへの対応や事業者支援が的確に想定されていない。必要に応じ、5兆円の予備費を迅速に執行してもらいたい。

 宣言は全面解除されたが、感染者が急増している地域もある。

 今国会では、緊急事態に準じた対策を知事が講じられる「まん延防止等重点措置」が新設された。感染状況を見極め、メリハリのある対策を講じることが重要だ。

 政府の感染症対応は後手に回ってきた。菅首相は、新たな措置の適用をちゅうちょしてはならない。専門家や自治体の意見を踏まえつつ、主体的に判断する必要がある。

 国会審議で、野党は総務省の接待問題に焦点を当てている。

 立法府が行政の監視機能を果たすことは大切だが、閣僚や官僚に、誰と食事をしたのかを延々とただしているようでは、生産的ではない。問題の所在について、野党自ら調査を尽くすことが不可欠だ。

 政府の姿勢も、誠実さを欠いている。武田総務相は「国民の疑念を招くような会食には応じていない」と繰り返し述べている。答弁に向かう省幹部に「記憶がないと言え」と指図していた。

 衆参両院で多数を占めているから、雑な対応でも押し切れるというおごりが、自民党にありはしないか。そんな心構えで次期衆院選を乗り切るつもりなのだろうか。

 政府提出法案や関連資料に、誤字などのミスが相次いで見つかっている。異常な事態だ。

 単なる注意不足なのか、公務員の労働環境に問題があるのか。首相はミスの背景をきちんと調べ、再発防止を徹底してほしい。

無断転載・複製を禁じます
1940649 0 社説 2021/03/27 05:00:00 2021/03/27 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)