読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河井元法相実刑 類を見ない買収工作を断じた

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 過去の選挙違反事件と比べても、買収した人数や金額が突出して多く、悪質性は高い。厳しい司法判断は当然である。

 2019年の参院選を巡り、公職選挙法違反に問われた河井克行元法相に、東京地裁は懲役3年の実刑判決を言い渡した。妻の案里氏を当選させるため、地元議員ら100人に計約2870万円を配ったという。

 判決は「民主主義の根幹である選挙の公正を害する極めて悪質な犯行だ」と断じ、執行猶予付きの判決を求める河井被告側の主張を退けた。現金を無理やり押しつける買収工作や、事件後の証拠隠滅などを重く見たのだろう。

 公判での河井被告の態度も、誠実とは言い難かった。当初は無罪を主張し、地元議員らが買収の趣旨で現金を受け取ったことを認めると、一転して起訴事実を大筋で受け入れた。

 それまで衆院議員を辞めず、事件の説明責任も果たしていない。法秩序の維持を担う法相の経験者として、あまりに自覚を欠いた振る舞いだったと言えよう。

 案里氏はすでに執行猶予付き有罪判決が確定しており、今回の判決で、夫妻による買収工作が認定されたことになる。河井被告側は、判決を不服として控訴した。

 一方、現金を受け取った広島県の地元議員と首長計40人は、いまだに刑事処分を受けていない。そのことを理由に、多くが今も公職にとどまっており、地元で不信感が高まっている。

 河井被告は今回、実刑判決を受けた。公正な処罰という観点からも、検察は、現金を受け取った側に対する厳正な刑事処分を速やかに行うべきである。

 事件がもたらした政治不信は根深い。案里氏の陣営には自民党本部から1億5000万円の活動資金が投じられた。この資金が買収に使われた可能性について、党は詳細に調査し、国民が納得できるように説明する必要がある。

 自民党に所属していた議員では、有権者に現金を配るなどした菅原一秀前経済産業相が略式起訴され、吉川貴盛元農相が汚職事件で在宅起訴されるなど、閣僚経験者の不祥事が相次いでいる。

 こうした事件についても、党は説明を尽くしていない。しかも、二階幹事長は「随分、政治とカネの問題はきれいになってきている」と、国民の認識とはかけ離れた発言をしている。

 政治への国民の視線は厳しい。襟を正し、自浄作用を示さなければ信頼回復は到底かなわない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2137642 0 社説 2021/06/19 05:00:00 2021/06/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)