読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン外交 戦略の進め方に問題はないか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 同盟国との連携強化を軸に、中国との覇権争いを優位に進め、国際秩序を維持するという米国の戦略は的を射ている。

 ただし、その成果を最大限に上げるには、米国が同盟国や友好国の利害に配慮し、綿密な協議を重ねることが不可欠だ。

 バイデン米大統領が国連総会で一般討論演説を行い、外交政策の基本方針を説明した。

 感染症や気候変動の脅威に国際社会が一致して対処すべきだと訴え、人権など普遍的価値観の尊重を唱えた。トランプ前大統領の「米国第一主義」から国際協調への転換が改めて鮮明になった。

 バイデン氏は、前政権下で動揺した同盟関係の再建も強調した。米英豪による新たな安全保障協力の枠組み「オーカス」の創設や、日米豪印による「クアッド」の進展が、インド太平洋地域の安定に寄与するのは間違いない。

 ただ、バイデン氏の政策遂行の手法には疑問な点もある。

 アフガニスタンからの米軍撤収では、アフガンで共に活動していた北大西洋条約機構(NATO)の同盟国との根回し不足が目立っていた。撤収後のアフガンの混乱の多くは、拙速な撤収作業が招いたものだと言わざるを得ない。

 オーカスは、豪州が米英の支援を受けて原子力潜水艦を導入することが目玉だ。だが、豪州との潜水艦共同開発計画を破棄されたフランスは、事前の説明がなかったとして猛反発し、米豪両国に駐在する大使を本国に呼び戻した。

 米仏の亀裂は、同盟国間では通常ありえないレベルまで広がりつつある。NATOにも悪影響が及びかねない。バイデン政権は関係の早期修復に努めるべきだ。

 バイデン氏は、中国を名指しで非難するのを避け、「新たな冷戦は望んでいない」と語った。

 無論、米中の軍事的緊張が高まるのは好ましくない。サイバーや宇宙空間のルール作りでも、大国間の協調は不可欠だ。

 一方、歴代米政権が関与政策によって中国の肯定的変化を促そうと試みたが期待通りに進まなかった点に、留意する必要がある。

 軍拡に走る中国が、「力による現状変更」を実現可能だと誤認しないよう、米国と同盟国が抑止力を高めることが重要だ。

 北朝鮮問題について、バイデン氏は「朝鮮半島の完全な非核化」に向けた外交を続けると表明した。目指すべきは北朝鮮の非核化である。「朝鮮半島」と言い換えることで、北朝鮮に誤解の余地を与えないよう注意してほしい。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388415 0 社説 2021/09/23 05:00:00 2021/09/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)