読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

不登校過去最多 コロナの影響考慮した支援を

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの流行で、学校を休みがちになる子供が増えた。学ぶ機会を確保し、いつでも学校に戻れる環境を整えることが大切だ。

 昨年度、病気や経済的理由などを除いて年30日以上欠席した不登校の小中学生が19万人を超え、過去最多となった。文部科学省によると、理由は「無気力、不安」が半数近くを占めた。

 昨年度は、全国の学校が一斉休校し、また各地に緊急事態宣言の発令が繰り返された。慣れない外出自粛などで生活環境が大きく変わり、登校する意欲をなくした子供は多かったのだろう。

 このほか、新型コロナの感染を避けるため、長期間登校しなかった小中高生も3万人に上った。

 長期間欠席すると友達の輪に入れなかったり、授業についていけなくなったりして、さらに登校しづらくなることが少なくない。今後、感染が再拡大する恐れもある。学校現場は長く休んだ子供たちへの支援を充実させてほしい。

 茨城県守谷市では、緊急事態宣言期間中、小中学校で授業をオンラインで配信したところ、不登校の児童生徒が多く参加した。グループの話し合いに加わったケースもあり、授業を受けるきっかけになったとみられる。

 各学校は小中学生に1人1台配布したデジタル端末も生かしながら、不登校の児童生徒に授業や友達との交流の機会を提供できるよう知恵を絞ってもらいたい。

 どうしても学校になじめない子供には、フリースクールなどの民間施設と連携するなど、多様な選択肢を用意することが重要だ。

 心配なのは、自殺した小中高生が前年度より100人近く多い過去最多の415人となったことだ。家にこもる時間が長くなったことで、一人で悩みを抱え込む子供が増えたのではないか。

 文科省は、カウンセラーやソーシャルワーカーを各学校に配置するとともに、相談窓口の拡充も進めている。教育委員会や学校は、子供の発するわずかなSOSにいち早く気づき、寄り添える体制を整えなければならない。

 一方、小中高校などでのいじめは、前年度より10万件少ない52万件だったが、このうちSNSなどを使ったネットいじめは、過去最多の1万9000件に上った。

 登校日数が減って直接のやりとりが少なくなる反面、SNSの利用が増えたためだろう。表面化していないいじめも多いとみられる。周囲の大人が引き続き注意深く見守っていく必要がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447424 0 社説 2021/10/16 05:00:00 2021/10/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)