国政選ネット投票を実証実験…サイバー攻撃など課題

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インターネット投票の実証実験。マイナンバーカードの情報を読み取りながらスマホでも投票できる(5日、東京都世田谷区で)=宮崎真撮影
インターネット投票の実証実験。マイナンバーカードの情報を読み取りながらスマホでも投票できる(5日、東京都世田谷区で)=宮崎真撮影

 総務省は5日、国政選挙の際、海外に住む有権者が自宅からパソコンやスマートフォンで投票する「インターネット投票」の実証実験を公開した。全国5市区町で実証実験を進め、各地の選挙管理委員会に聞き取り調査をして、不正防止策の有効性など導入に向けた課題を洗い出す。

 東京都世田谷区で公開された実証実験では、区職員がパソコンとスマートフォン上で専用システムを使って投票した後、開票作業の流れを確認した。参加した職員は「難しさは感じなかった」と話した。

 なりすましを防ぐため、マイナンバーカードのICチップを端末で読み取った上で、パスワードを入力して本人確認する。投票データは暗号化した上で送信し、本人確認後に投票者の情報を削除することで、投票の秘密を守る。二重投票を防ぐため、投票を終えると、選挙人名簿のシステムに登録され、再度の投票はできなくなる。

 在外邦人は、国政選で日本国内で投票できない場合、在外公館に行って投票するか、郵送で投票する。いずれも投票用紙が日本に届くまで時間がかかるため、投票できる期間が短く、近年の国政選の在外投票率は20%前後にとどまっている。

 ネット投票の導入構想は在外邦人の投票の利便性を高める狙いがあるが、実現には課題が残る。例えば、サイバー攻撃への対策や、投票が集中した際にシステムダウンを防ぐ仕組みなども検討する必要がある。総務省幹部は「まだ技術的に可能かどうか検証している段階だ。導入には各党各会派で議論していただく必要がある」と慎重に検討を進める考えを示した。

無断転載禁止
1039259 0 選挙・世論調査 2020/02/05 22:52:00 2020/02/05 22:52:00 2020/02/05 22:52:00 インターネット投票の実証実験・マイナンバーカードの情報を読み取りながらスマホでも投票できる。(2月5日、東京都世田谷区で)=宮崎真撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200205-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ