読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野党が衆参3選挙で全勝…広島の再選挙は自民が苦杯、菅政権に大きな打撃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅政権発足後初の国政選挙となる衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙が25日、投開票された。与野党対決となった広島再選挙は、野党各党が推す諸派の宮口治子氏(45)が自民党の西田英範氏(39)に競り勝ち、初当選した。長野は立憲民主党の羽田次郎氏(51)、北海道2区は立民の松木謙公氏(62)が当選を決め、野党側が全勝した。

当選が確実となり、笑顔を見せる宮口治子さん(25日夜、広島市中区で)=金沢修撮影
当選が確実となり、笑顔を見せる宮口治子さん(25日夜、広島市中区で)=金沢修撮影

 衆参3選挙では、菅政権半年の評価や「政治とカネ」の問題、新型コロナウイルス対策が主な争点となった。北海道2区の不戦敗を含め、自民が全敗したことは菅首相の政権運営にとって大きな打撃で、与党側は次期衆院選に向け、態勢の立て直しを迫られそうだ。

 自民の山口泰明選挙対策委員長は25日夜、党本部で記者団に「残念だ。厳粛に受け止め、反省してやっていきたい」と語った。立民の福山幹事長は「この半年間の菅内閣に極めて厳しい有権者の審判が下された」と述べた。

 広島再選挙は、2019年参院選を巡る大規模買収事件で有罪が確定した河井案里氏(自民を離党)の当選無効に伴って行われた。

 立民、国民民主、社民各党の推薦を受けた宮口氏は「金権政治を許さない」と自民批判を展開した。立民の枝野代表や国民の玉木代表らが応援に入り、自民支持層を切り崩したほか、無党派層も取り込んだ。

 西田氏側は、自民広島県連会長の岸田文雄・前政調会長が陣頭指揮を執り、組織固めに奔走した。公明党も山口代表ら幹部が相次いで広島入りしたが、逆風をはね返せなかった。

 立民の羽田雄一郎・元国土交通相の死去に伴う長野補選は、雄一郎氏の弟の羽田次郎氏が事実上の与野党一騎打ちを制した。

 「弔い選挙」を前面に出した羽田氏の元には、枝野氏や社民党の福島党首ら野党各党の幹部が駆けつけて共闘をアピールし、幅広い層から支持を得た。自民の小松裕氏(59)はコロナ禍を意識し、医師の経歴を強調して支援を呼びかけたが、及ばなかった。

 収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛・元農相(自民を離党)の議員辞職に伴う北海道2区補選では、自民が候補者擁立を見送り、野党統一候補となった松木氏が序盤から戦いを優位に進めた。無所属の鶴羽佳子氏(53)や日本維新の会の山崎泉氏(48)らは保守層の取り込みを狙ったが、支持の広がりを欠いた。

 投票率は、北海道2区補選が30・46%、長野補選が44・40%、広島再選挙は33・61%といずれも低調だった。北海道2区は17年衆院選から26・66ポイント低下した。19年参院選との比較では、長野が9・89ポイント下がり、広島は11・06ポイント下回った。

無断転載・複製を禁じます
2010357 0 選挙・世論調査 2021/04/25 22:43:00 2021/04/26 09:15:53 当選が確実となり、笑顔でお辞儀する宮口治子さん(25日午後10時29分、広島市中区で)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)