文字サイズ
    第18回統一地方選挙のニュースです。

    町村長・町村議選とも立候補者は過去最少

     統一地方選後半戦の122町村長選と373町村議選が21日、告示され、町村長選には199人、町村議選(総定数4269)には4832人が立候補を届け出た。

     いずれも過去最少となった。政令市以外の市区長・市区議選とともに26日に投開票(一部の区は27日に開票)される。

     町村長選は、前回よりも5少ない53町村で無投票になった。

     町村議選では、女性490人が立候補し、全候補者に占める割合は10・1%と初めて1割を超えた。一方で、89町村の計930人が無投票で当選した。総定数に占める無投票当選者の割合は21・8%で、記録の残る1951年以降、2003年に次いで2番目に高い水準となった。

     無投票の89町村のうち、北海道浦幌町、東京都神津島村、新潟県粟島浦村、長野県南牧村の4町村では、立候補者数が定数をそれぞれ1下回り、「定数割れ」となった。定数割れは、前回の3町を上回った。また、12町村で、首長選と議員選の両方が無投票となった。

    2015年04月22日 03時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    2015年統一地方選の日程

    前半

    3/26(木) 知事選告示
    3/29(日) 政令市長選告示
    4/3(金) 道府県議、政令市議選告示
    4/12(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票

    後半

    4/19(日) 市区長・市区議選告示
    4/21(火) 町村長・町村議選告示
    4/26(日) 市区長・市区議、町村長・町村議選投票
    区長・区議は東京都特別区。

    各地の選挙

    • 告示icon=告示
    • icon=開票

    青森

    岩手

    茨城

    栃木

    富山

    滋賀

    和歌山

    愛媛

    高知

    佐賀

    宮崎

    鹿児島