文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    滋賀県知事選、現職の三日月氏が新人破り再選

     滋賀県知事選は24日、投開票され、現職の三日月大造氏(47)(無)が、新人で滋賀大名誉教授の近藤学氏(68)(無=共産推薦)を破り、再選を果たした。投票率は40・62%(前回50・15%)だった。

     三日月氏は、嘉田由紀子前知事の後継として出馬した前回選で、自民、公明両党の推薦候補らを破って初当選。今回は自公と国民民主、社民両党から相乗りで支援を受けた。

     選挙戦では、1期4年間の三日月県政への評価などが主な争点となった。三日月氏は、琵琶湖の環境改善や公共交通の充実などを訴え、支持を広げた。

    2018年06月24日 22時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP