文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    2児の母、31歳女性が全国最年少町長に…新潟

     24日に投開票された新潟県津南町長選で、無所属新人で前町議会副議長の桑原はるか氏(31)が、無所属新人の男性候補2人を破って初当選した。全国で最年少の町長になる。

     長野県との県境の豪雪地帯にある同町は、農業が盛んで人口は約9800人。同町出身の桑原氏は、早大を経て東大公共政策大学院に進み、増田寛也元総務相に学んだ。2011年3月の長野県北部地震で津南町も被災し、「町のために何かできないか」と大学院在学中の11年10月、25歳で町議選に立候補して最多得票で初当選。15年の町議選でもトップ当選を果たし、同年11月から2年5か月、副議長を務めた。27歳の時に養豚業を営む隆宏さん(36)と結婚し、現在は3歳と1歳の2児の母親でもある。

    (ここまで321文字 / 残り129文字)
    2018年06月25日 11時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP