新しい人やった方がいい…新潟市長が4期で引退

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 篠田昭・新潟市長(70)が24日、記者会見を開き、次期市長選(10月14日告示、28日投開票)に出馬せず、4期で引退する考えを正式表明した。前回選は「3期でけじめ」としていた主張を翻して立候補し、多選批判を受けながら4選を果たした。会見では「4期目に出馬した時の課題は良い結果が出ており、役割を終わらせていただきたい。新しい人がやった方がいい」などと語った。

 次期市長選には、自民党の前参院議員と前市議、野党系市議、元経済産業省官僚の4人が出馬の意向を示している。篠田市長は後継指名しない方針だが、新潟県内の国政選や知事選で続く「野党共闘」に批判的で、引退表明前、「野党共闘の流れが基礎自治体にまで持ち込まれていいのか」などと発言し、5期目出馬の可能性を示唆していた。

 篠田市長は、新潟日報社論説委員を経て2002年に初当選し、07年の政令市移行などを主導した。

33483 0 政治 2018/07/24 21:28:00 2018/07/24 21:28:00 2018/07/24 21:28:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ