沖縄知事選、4新人届け出…「辺野古」など争点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県知事選が13日告示され、前宜野湾市長の佐喜真淳さきまあつし氏(54)(無=自民・公明・維新・希望推薦)、自由党幹事長で前衆院議員の玉城たまきデニー氏(58)(無)ら4新人が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非や、県内経済の振興策などが争点となる。投開票は30日。

 知事選は当初、11月に予定されていたが、翁長おなが雄志たけし氏が知事在任中に急逝したため、前倒しとなった。

 佐喜真氏は那覇市の事務所前で出陣式に臨み、「県民が望む普天間飛行場の返還ができるのは私しかいない。対立から対話、和をもって沖縄を取り戻す」と主張。辺野古移設の是非については言及せず、福祉や経済政策に重点を置いた。

 玉城氏は、同県の伊江島(伊江村)で「(移設阻止を掲げた)翁長知事の遺志をしっかり引き継ぎ、辺野古に新しい基地を造らせないことを明確にして戦う」と第一声。積極的な対米外交などで基地問題を解決するとした。

 移設先の護岸建設工事が着手された後、初めての知事選となる。県は8月末に移設先の海の埋め立て承認を撤回しており、政府との対立が続いている。

 玉城氏は知事選への立候補に伴い、衆院議員(沖縄3区)を自動失職した。

無断転載禁止
40683 0 政治 2018/09/13 11:55:00 2018/09/13 11:55:00 2018/09/13 11:55:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ