辺野古移設巡り与野党対決、沖縄県知事選が告示

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県知事選が13日告示され、無所属の新人4人が立候補した。自民、公明両党などが推薦する佐喜真淳・前宜野湾市長(54)と、立憲民主、共産などの野党が支える玉城デニー・前衆院議員(58)による事実上の一騎打ちとなった。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)を名護市辺野古に移設する計画の是非や、県内経済の振興策などが争点となる。投開票は30日。

 佐喜真氏は選挙戦初日の訴えで辺野古移設の是非に触れず、経済政策などに比重を置いた。「対立や分断の4年間を繰り返すのか、沖縄を前に進めていくのか。普天間飛行場の返還ができるのは私しかいない」などと訴えた。

 玉城氏は、在任中に死去した翁長雄志氏の「後継」をアピール。告示後の演説では翁長氏がスローガンとした「イデオロギーよりアイデンティティー」に言及し、「新基地建設は認めず、工事は絶対断念させる」と支持を求めた。

 有権者は12日現在で115万8569人(男56万4791人、女59万3778人)。

          ◇

佐喜真さきま あつし 54 無新 (元)宜野湾市長〈自〉〈公〉〈維〉〈希〉

玉城たまきデニー 58 無新 (元)衆院議員

渡口とぐち 初美はつみ 83 無新 (元)那覇市議

兼島かねしま  しゅん 40 無新 (元)IT会社社員

(届け出順、〈〉内は推薦政党。(元)は前職を含む)

40684 0 政治 2018/09/13 22:34:00 2018/09/13 22:34:00 2018/09/13 22:34:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ