セクハラ指摘、みなかみ町長失職…不信任2度目

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 セクハラ問題を指摘された群馬県みなかみ町の前田善成町長(51)は18日、町議会から2度目の不信任決議を受け、失職した。前田氏は記者会見で、次回の町長選に出馬しない意向を明らかにした。

 前田氏は7月に1度目の不信任決議を受け、町議会を解散。今月9日投開票の町議選では自身を支持する候補者の多くが落選し、その責任を取るとして辞職願を出していたが、議会が受け入れず、不信任決議を全会一致で可決した。

 町長選は10月23日告示、同28日投開票の日程で行われる。

41177 0 政治 2018/09/18 19:55:00 2018/09/18 19:55:00 2018/09/18 19:55:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ