文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    沖縄知事選、玉城氏が初当選…基地移設に影響か

    沖縄県知事選の最新ニュースまとめはこちら
    • テレビの速報で優勢が伝えられ喜ぶ玉城デニー氏(右)(30日午後8時23分、那覇市で)=大原一郎撮影
      テレビの速報で優勢が伝えられ喜ぶ玉城デニー氏(右)(30日午後8時23分、那覇市で)=大原一郎撮影
    • 当選を決め、笑顔で万歳する玉城デニー氏(中央)(30日午後9時33分、那覇市で)=大原一郎撮影
      当選を決め、笑顔で万歳する玉城デニー氏(中央)(30日午後9時33分、那覇市で)=大原一郎撮影

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画の是非などが争点となった沖縄県知事選は30日投開票され、立憲民主、共産などの野党が支援する新人で、移設に反対する前衆院議員の玉城たまきデニー氏(58)(無)が当選した。与党などが推した前宜野湾市長の佐喜真淳さきまあつし氏(54)(無=自民・公明・維新・希望推薦)ら3人を破った。政府は名護市辺野古への移設計画を予定通り進める方針だが、影響は避けられない見通しだ。

     玉城氏は30日夜、那覇市内で「辺野古に新しい基地を造らせないという思いはぶれずに全うしたい。政府にしっかりと思いを伝えていきたい」と語った。

     玉城氏はラジオのDJ、タレント、沖縄市議を経て2009年に民主党から衆院沖縄3区で初当選。離党後は自由党の小沢共同代表と行動をともにし、同党の幹事長も務めた。衆院議員4期目の途中で知事選に出馬し、自動失職した。

    (ここまで385文字 / 残り398文字)
    2018年10月01日 08時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP