新潟市長選、前参院議員・中原八一氏が初当選

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟市長選は28日、投開票され、新人で前参院議員の中原八一氏(59)(無所属=自民支持)が、前市議の小柳聡氏(31)(無所属=共産、自由、社民支持)ら新人3人を破り、初当選した。投票率は49・83%(前回40・57%)だった。

 中原氏は、事実上の野党共闘候補となった小柳氏との激戦を制した。自民党は、党本部が支持した中原氏と、同党市議の一部らが支援する前市議の分裂選挙となったが、中原氏は国政での実績を強調し、所属する二階派の国会議員らの応援も得て票を伸ばした。

46218 0 政治 2018/10/28 23:24:00 2018/10/28 23:24:00 2018/10/28 23:24:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ