和歌山知事選、現新2氏が届け出…25日投開票

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県知事選は8日告示され、ともに無所属で、4選を目指す現職の仁坂吉伸氏(68)と、新人で市民団体「市民オンブズマンわかやま」事務局長の畑中正好氏(66)(共産推薦)が立候補を届け出た。4年前の前回選と同じ顔ぶれで、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の是非などが争点となる。投開票は25日。

48436 0 政治 2018/11/08 10:17:00 2018/11/08 10:17:00 2018/11/08 10:17:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ