福岡市長選、現職の高島宗一郎氏が3選果たす

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

支持者らとバンザイする高島さん(中央)(18日、福岡市中央区で)=久保敏郎撮影
支持者らとバンザイする高島さん(中央)(18日、福岡市中央区で)=久保敏郎撮影

 福岡市長選は18日、投開票され、現職の高島宗一郎氏(44)(無=自民支持)が、新人の共産党市議団事務局長・神谷貴行氏(48)(無=共産推薦)を破り、3選を果たした。投票率は31・42%(前回38・73%)で過去最低だった。

 九州を先導し人口増を続ける都市の街づくりの方向性が主な争点となった。高島氏は、再開発により成長を加速させ、新たな税収で子育て環境整備などを進めると訴え、再開発路線に反対する神谷氏を退けた。

50072 0 政治 2018/11/19 07:40:00 2018/11/19 07:40:00 2018/11/19 07:40:00 当選確実になり万歳する高島宗一郎さん(18日午後8時2分、福岡市中央区天神で)=久保敏郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181118-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ