カジノ誘致も、仁坂吉伸氏4選…和歌山県知事選

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県知事選は25日、投開票され、現職の仁坂吉伸氏(68)(無所属)が、新人で市民団体「市民オンブズマンわかやま」事務局長の畑中正好氏(66)(無所属=共産推薦)を破り、4選を決めた。投票率は38・33%(前回39・65%)だった。

 仁坂氏は、自民、国民民主、公明、社民各党の県組織から推薦を受け、高速道路整備など3期12年の実績を強調。カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指すなど産業振興策を掲げた。

 畑中氏はIR誘致反対を中心に据えて訴えたが、及ばなかった。

50808 0 政治 2018/11/25 21:49:00 2018/11/25 21:49:00 2018/11/25 21:49:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ