文字サイズ
    知事選、政令市長選など地方戦に関する最新ニュースをお伝えします。

    「地元で待望論ある」山本一太氏、知事選出馬へ

     自民党の山本一太・参院政策審議会長(60)は5日午前、来夏の群馬県知事選に立候補する意向を表明した。国会内で記者団に「地元で待望論があり、知事として自分にしかできないことがあると思い、決断した」と語った。

     山本氏は参院当選4回。沖縄・北方相や参院予算委員長などを歴任し、来夏の参院選に群馬選挙区から党公認候補として出馬予定だった。5日、自身のブログで、参院議員は来夏の任期いっぱい務める考えを示す一方、党参院政審会長は辞任する考えを明らかにした。

    2018年12月05日 11時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP