橋本聖子氏、自民内から北海道知事選に担ぐ動き

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

橋本聖子氏
橋本聖子氏

 来年4月の北海道知事選の候補者選びで、自民党内や経済界、市町村長の間で道内に地盤のある橋本聖子参院議員(54)(比例)を担ぐ動きが広がっている。橋本氏は29日、読売新聞の取材に対し、各方面から出馬要請があることを認めた上で「考える時間がほしい」と態度を保留している。

 道連執行部は現在、党の世論調査で支持の高い夕張市の鈴木直道市長(37)擁立を軸に関係団体などと調整を進めている。鈴木氏に対しては、市町村長らに慎重論が根強く、行政経験の豊富な国土交通省北海道局の和泉晶裕局長(57)を推す声がある。ただ、和泉氏は同日、取材に対し「今の職を全うする。知事選の候補は自民党が決めることだ」と述べるなど、慎重な構えを崩していない。

 そうした中、鈴木氏擁立に難色を示す自民党系の市町村長や道議、経済界のほか、公明党やその支持団体などは、政治経験の豊富な橋本氏に水面下で個別に接触。「道産子で道内の自民・保守系がまとまることができる最強の候補だ」(道議会議長経験者)として出馬を促している。

 取材に対し橋本氏は、道連執行部がこのまま鈴木氏擁立を推し進めた場合、自民党の支持基盤が分裂する可能性を指摘した上で、「私への要請は、和泉氏擁立への強い思いの裏返しだと思う。しっかり受け止めて、少し考える時間をもらいたい」と話している。

無断転載禁止
56705 0 政治 2018/12/30 16:01:00 2018/12/30 16:01:00 2018/12/30 16:01:00 インタビューに答える日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員。参院議員会館で。2017年10月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181230-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ