麻生氏、福岡知事は「信念が感じられない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4月7日投開票の福岡県知事選で、麻生副総理兼財務相は3日、同県芦屋町で講演し、3選を目指す現職・小川洋氏(69)が各党に推薦願取り下げの了承を求めたことに対し、「自分の信念が感じられない」と批判した。麻生氏は新人の元厚生労働官僚・武内和久氏(47)を推しており、同日、別の会合で小川氏と同席したが、会話は交わさなかったという。

 小川氏は当初、与野党相乗りの態勢構築を目指していたが、1月30日に自民党が武内氏の推薦を決めた後、「幅広く支援をいただくため」として立憲民主や公明など各党に取り下げ了承を要請した。麻生氏はこれに対して、「言われた側は『ふざけるな』と思う。政治家としていかがなものか」と語った。

 麻生氏は過去2回の知事選で小川氏を支援してきたが、2016年の衆院福岡6区補欠選挙で、小川氏が自民党県連の推す候補者の出陣式を欠席したことを境に関係が冷え込んだ。

 小川氏を支える武田良太衆院議員(福岡11区)らは武内氏の推薦決定に、「党の分裂を招いた」と反発しているが、麻生氏は「(党の決定に)瑕疵かしはなく、怨念などの話は全くない」と強調した。

 麻生派で県連選挙対策委員長の大家敏志参院議員は麻生氏の講演終了後、記者団に「武内氏以外を応援するなら、党を出てやるべきだ」と述べ、小川氏支援の動きをけん制した。

 一方、小川、麻生両氏は3日午前、福岡市で県獣医師会の創立70周年記念式典に出席。日本獣医師会会長で自民党県連会長を務める蔵内勇夫氏も参加した。小川氏は「(麻生氏と)話す機会は全くなく、互いに会釈をしただけ」と記者団に話した。

 小川氏側は今月中旬にも、政党色のない新たな支援組織を発足させる方針を決めており、「力強く応援する人が増えてきたように思う」と手応えを語った。

 知事選では他に、元九州大教授の谷口博文氏(64)が出馬の意向を示し、共産党県委員会も5日に候補者を発表する。

無断転載禁止
421550 0 統一地方選2019 2019/02/04 09:11:00 2019/09/19 15:08:10

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ