立民・国民 擁立1000人規模…足腰強化へ議員選注力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4月の統一地方選の地方議員選挙で、立憲民主党と国民民主党が擁立する候補者は1000人規模になる見通しとなった。夏の参院選に向けて足腰を強めようと、地方議員選挙に注力する方針だ。両党が激突する地方も多く、参院選での共闘に影響を与える懸念もある。

参院選共闘 影響の懸念

 統一選では、41道府県や703市区町村で議員選挙が実施される予定だ。立民は公認585人、推薦35人の計620人を擁立する一方、国民も公認が325人、推薦が160人に上る。両党の公認は900人を超え、前回2015年の旧民主党の公認候補数(938人)と同水準となった。

 立民は今回の候補のうち4割が新人のため、枝野代表がフル稼働で応援に入る予定だ。今年に入りすでに、高知や鹿児島など計8府県を回った。基本戦略は「今は地方を回り、選挙が近くなれば大都市を回る」(党幹部)というものだ。地方組織では国民を離党して立民に入党するケースも多く、「立民から出れば勝てる」というイメージを各地方で定着させたい考えだ。

 一方、国民は旧民進党の地方組織を引き継いだこともあり、公認候補も現職が多い。国民は政党支持率が1%前後と低迷しており、「候補者が集まらない」(地方組織幹部)のが現状で、現職の議席死守を最優先に掲げる。玉木代表は、自由党との合流構想を選挙戦の起爆剤としたい考えで、地方行脚と並行して、合流に向けた協議を急いでいる。

 両党は、統一地方選で唯一の与野党対決となった北海道知事選では共闘するものの、地方議員選では、同じ選挙区で激しく争うことになる。香川県議選の高松市選挙区では、両党の県連幹事長がぶつかるほか、国民の現職がいる選挙区に立民が候補を擁立するケースもある。

 両党を含めた野党6党派は、すでに参院選の32ある改選定数1の「1人区」の候補者一本化で合意している。しかし、「競合した相手の政党をわずか3か月後の参院選ですんなり応援できない」(国民幹部)との声も根強く、参院選に大きなしこりを残す可能性がある。

首長・議員選972件 統一率最低27・18%

 総務省は21日、4月の統一地方選で行われる選挙が、2月1日現在で、全国の首長・議員選を合わせて計972件となると発表した。1月の前回調査(昨年12月1日現在)から1減となり、選挙数が全ての地方選に占める割合を表す「統一率」は27・18%。過去最低だった2011年統一選の27・40%を下回っている。

 大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙などにより、今後、件数は変動する可能性もある。

無断転載禁止
465700 0 統一地方選2019 2019/02/22 05:00:00 2019/09/19 15:08:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190222-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ