大阪ダブル選 維新包囲網…知事・市長選「一騎打ち」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自民系 公明が支持鮮明…立・共も支援の動き

 大阪府知事と大阪市長のダブル選挙(4月7日投開票)の構図が固まった。公明党が15日、府本部レベルで自民党の知事選候補の推薦を決定し、自民を中心に地域政党・大阪維新の会に対抗する「維新包囲網」が整った。維新が掲げる「大阪都構想」の是非を争点に、事実上の一騎打ちとなる。

 

 ダブル選では、維新の松井一郎府知事と吉村洋文市長が立場を入れ替えて出馬する。自民は知事選で小西禎一ただかず元府副知事、市長選では柳本あきら前大阪市議をそれぞれ擁立する。

 公明は15日の持ち回りの中央幹事会で、小西氏の府本部推薦を決めた。柳本氏についても近く府本部推薦を決める方向だ。公明は2011年と15年の大阪ダブル選は自主投票としてきたが、自民支持を鮮明にする。

 背景には、府本部が今回のダブル選の引き金となった都構想の住民投票を巡る協議で維新への不信を募らせていることがある。斉藤幹事長は15日の記者会見で「『大義のない選挙であり、維新の党利党略にすぎない』と表明している府本部の意思を尊重した」と述べた。

 公明の対応について、自民の府連は「府政や市政での維新―公明の協力関係に終止符を打てる」(幹部)と歓迎している。安倍首相(自民党総裁)は15日、柳本氏と首相官邸で会談し、「『国でも自公、地方でも自公』で政治的基盤を作るべく頑張れ」と激励した。

 立憲民主、国民民主、共産の各党はダブル選に候補を擁立しない方向だ。いずれも都構想に反対しており、党派色を薄めて自民候補を自主支援する動きが出ている。共産の笠井亮政策委員長は15日の記者会見で「保守も含めて府民の共闘で迎え撃ち、『維新政治』に終止符を打つ」と語った。

 与野党による包囲網に対し、維新代表の松井氏は15日、記者団に「全政党が都構想を嫌がって構想つぶしをやっている。野合、談合だ」と批判した上で、「都構想を明確に世の中の人に問いたい」と強調した。

無断転載禁止
491864 0 統一地方選2019 2019/03/16 05:00:00 2019/09/19 15:08:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190316-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ