大阪知事選は維新先行、市長選は接戦…読売情勢分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社は、統一地方選前半戦の11道府県知事選と6政令市長選について、世論調査や総支局などの取材に基づき、情勢を分析した。大阪府知事と大阪市長のダブル選は、知事選で地域政党・大阪維新の会の候補が先行する一方、大阪市長選は接戦となっている。知事選で唯一の与野党対決となった北海道は、与党系候補が野党統一候補をリードしている。

 北海道知事 与党系リード

 統一地方選の前半戦は知事選、政令市長選のほか、41道府県議選、17政令市議選が行われており、いずれも4月7日に投開票される。与野党は夏の参院選の前哨戦と位置づけ、国政選挙並みの態勢で臨んでおり、情勢には流動的な面がある。

 大阪のダブル選は、大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」が最大の争点だ。構想実現を目指す維新の知事、大阪市長が任期途中で辞職表明して立場を入れ替えて出馬し、構想に反対する自民党がそれぞれ対抗馬を立てて立憲民主、国民民主、公明、共産各党も「反維新」で共闘する構図となっている。

 府知事選では、前大阪市長の吉村洋文氏が知名度を生かし、自民党が擁立した元副知事の小西禎一氏を一歩リードしている。大阪市長選は、前知事の松井一郎氏と前大阪市議の柳本顕氏が競り合っている。

 16年ぶりに新人同士が争う北海道知事選は、自民、公明両党が推薦する前夕張市長の鈴木直道氏が、立民などが野党統一候補として擁立した元衆院議員の石川知裕氏を引き離している。

 福井、島根、徳島、福岡4県の知事選は保守分裂の構図となった。福岡では、自民党二階派の県選出国会議員らが支援する現職の小川洋氏が優位に立ち、麻生副総理兼財務相が応援する自民党推薦で元厚生労働官僚の武内和久氏が追う。

 元総務官僚同士の戦いとなった島根では、自民県議の多くが支援する元県政策企画局長の丸山達也氏と、自民党本部が推薦する元総務省消防庁次長の大庭誠司氏が一歩も譲らぬ展開となっている。

 福井、徳島では現職がともに5選を目指しているが、福井の西川一誠氏は苦戦している。

無断転載禁止
515391 0 統一地方選2019 2019/03/31 05:00:00 2019/09/19 15:10:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190331-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ