11知事選などきょう投開票…統一地方選前半戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第19回統一地方選の前半戦となる知事選と政令市長選などは7日、投開票される。各党は夏の参院選の前哨戦と位置づけており、幹部が全国各地で最後の訴えを行った。大阪府知事と大阪市長のダブル選は、大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」が争点となっている。

 知事選は北海道、神奈川、福井、三重、大阪、奈良、鳥取、島根、徳島、福岡、大分の11道府県で行われる。北海道は与野党対決、福井、島根、徳島、福岡は保守分裂の構図だ。政令市長選は札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島の6市。41道府県議選と17政令市議選も投開票される。

 自民党の甘利明選挙対策委員長は神奈川県藤沢市で応援演説し、「アベノミクスで経済規模は大きくなったが、まだ8合目。登り切ることが大事だ。我々が先頭に立ち『さすが日本』と言わせてみせる」と述べた。

 公明党の山口代表は埼玉県草加市での街頭演説で「ネットワークを生かす公明党が、政治のど真ん中にいるから有権者の願いが実現する」と訴えた。

 立憲民主党の枝野代表は、名古屋市で行った街頭演説で、「困った時に寄り添う、厳しい状況の時に社会全体で支え合う仕組みを、もう一度この国に取り戻す」と語った。

 国民民主党の玉木代表は、静岡県三島市の演説で「自民党に代わる信頼できる選択肢を作りたい」と強調した。民進党から引き継いだ地方組織の維持を目指す。

 「大阪都構想」の実現を狙う日本維新の会の松井代表は大阪市で「東京一極ではダメだ。稼げる大都市が必要だ」と力を込めた。

 共産党の志位委員長はさいたま市で、「国政を私物化する政治に厳しい審判を下そう」と安倍政権を批判した。

無断転載禁止
525402 0 地方選 2019/04/07 00:03:00 2019/04/07 00:03:00 2019/04/07 00:03:00

統一地方選挙2019 候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ