読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

最年少知事の鈴木氏「あらゆるピンチをチャンスに」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

当選確実となり、自身のポスターにバラの花をつけ笑顔を見せる鈴木さん(左、右は似鳥昭雄後援会長)(7日午後8時41分、札幌市中央区で)=沼田光太郎撮影
当選確実となり、自身のポスターにバラの花をつけ笑顔を見せる鈴木さん(左、右は似鳥昭雄後援会長)(7日午後8時41分、札幌市中央区で)=沼田光太郎撮影

 知事選で全国唯一の与野党対決となった北海道知事選で、初当選を果たした前夕張市長の鈴木直道さん(38)は、札幌市内の事務所で支持者らを前に、「北海道新時代を切り開く先頭に立ち、全力で取り組んでいく」と決意を語った。

 鈴木さんは「あらゆるピンチをチャンスに!」をキャッチフレーズに掲げ、道内各地で遊説を展開した。東京都職員を辞めて「裸一貫」で就任した全国唯一の財政再生団体の市長として、膨大な「借金」を完済する道筋を立てた実績などをアピールし、道政でその経験を生かすと訴えた。

 街頭演説では、国依存体質からの脱却を掲げる対立候補を意識して、「国、道、市町村が一体となり、課題に真っ正面から向き合っていく」と強調。若い世代や女性、無党派層などからも圧倒的な支持を得た。

 30歳で夕張市長に就任した際に「全国最年少市長」と脚光を浴び、今度は現職で「全国最年少知事」となる。抱負を問われると、「若さを生かして北海道のあらゆる可能性を引き出し、笑顔あふれる北海道を築き上げていきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
525961 0 統一地方選2019 2019/04/07 23:31:00 2019/09/19 15:10:25 当選確実となり似鳥昭雄後援会長(右)と自身のポスターにバラの花をつけ笑顔を見せる鈴木直道さん(7日午後8時41分、札幌市中央区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190407-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)