投票者数上回る票見つかる、投票用紙持ち込みか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県議選の鹿児島市の開票所で、有効投票と無効票を合わせた投票総数が投票者数を10票上回るトラブルがあった。市選管によると、外部から持ち込まれた可能性もあり、経緯を調べている。

 市選管によると、開票作業中の8日午前0時頃、票数が合わないことがわかった。機械で集計した分以外を数え直すなどしたが、原因はわからず、10票の投票用紙も特定できなかった。

 各投票所の投票者数に間違いはないと判断し、「持ち帰り票」を「マイナス10票」とし、同日午前0時40分に開票結果を確定させた。

 福岡県議選小倉北区(定数3)では、投票総数が、投票者数より1票多くなった。

 北九州市選管によると、同選挙区の投票者数5万2077人に対し、投票総数は5万2078票だった。各投票所に残った投票用紙の数を確認したところ、交付した投票用紙と、投票者の数は一致。このため、投票用紙の二重交付は考えにくく、外部から持ち込まれた可能性があるという。市選管は原因不明として1票多いまま確定させた。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
526909 0 統一地方選2019 2019/04/08 16:01:00 2019/09/19 15:10:15

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)