5回連続無投票、再選市長は有権者の審判未経験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茨城県日立市長選で無投票で再選を決めた小川春樹さん(中央)(4月14日午後、日立市旭町で)=中瀬邦雄撮影
茨城県日立市長選で無投票で再選を決めた小川春樹さん(中央)(4月14日午後、日立市旭町で)=中瀬邦雄撮影

 14日に告示された統一地方選の後半戦では、86市長選の約3割が無投票となった。1票を投じることができなかった有権者からは不満の声も上がった。

 日立製作所の創業地として知られる茨城県日立市の市長選では、現職の小川春樹さん(71)が無投票で再選された。初当選の前回も無投票で、まだ有権者の審判を受けていない。同市長選の無投票は5回連続だ。

 市内で開かれた当選報告会には国会議員のほか、同社関係者らの姿も。陣営幹部は「価値ある無投票。党派や職業を超えて日立の街を良くしようという思い」と強調したが、市内の男性(85)は「(企業城下町の)最大の欠点。長年住み続けている者としては情けない」と批判的だ。

 日立市と同じく長野県諏訪市でも、現職の金子ゆかりさん(60)が前回に続き無投票で再選。JR上諏訪駅近くで商店を営む男性(65)は「若い人に出てほしいが、仕事にも生活にも余裕がなく、難しいのだろう」と語った。

 群馬県最大の商業都市・高崎市の市長選は1995年以来、24年ぶりに無投票となり、現職の富岡賢治さん(72)が3選を果たした。3月に会社役員男性(67)が「無投票の阻止」を掲げて出馬表明したが、告示前日に立候補を見送った。富岡さんは「市民から一定の評価を得られたからこそ、対立候補が出なかったのではないか」と語ったが、同市の男性(68)は「選択肢がないのは残念。市長をしっかり監視してくれるよう、市議選では悪いことは悪いと言える議員を選びたい」と話した。

 県庁所在地の津市長選では、与野党が相乗りで推薦した現職の前葉泰幸さん(57)が2回連続の無投票で3選を決めた。前葉さんは14日、無投票当選について「選挙戦を通じて市民の意見を聞くことができなかったのではないかとの意見もあるだろうが、これまでに地域を回り、市政への注文や提案をたくさんいただいた」と説明。市内の無職男性(71)は「選挙戦になれば多少なりとも市政が盛り上がると思うが、無投票では関心が低くなり、政治離れが加速してしまうのでは」と懸念を口にした。

無断転載禁止
537999 0 統一地方選2019 2019/04/15 13:18:00 2019/09/19 15:14:28 無投票で再選を決め、万歳三唱する小川氏(中央)(4月14日午後5時13分、日立市旭町で)=中瀬邦雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190415-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

統一地方選挙2019 候補者

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)

統一地方選挙2019 日程

前半選挙
3月21日(木) 知事選告示
3月24日(日) 政令市長選告示
3月29日(金) 道府県議、政令市議選告示
4月7日(日) 知事・道府県議、政令市長・政令市議選投票
後半選挙
4月9日(火) 衆院補選(大阪12区、沖縄3区)告示
4月14日(日) 市区長・市区議選告示
4月16日(火) 町村長・町村議選告示
4月21日(日) 衆院補、市区長・市区議、町村長・町村議選投票

※区長・区議は東京都特別区。

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ